【声のプロが教える】高い声の出し方【練習すれば誰でもできる】

まいど!シンガーの北如来那(きたゆきな)です!

歌で高い声がでなくて悩んでいませんか?

結論を先に言うと、高い声を出すには練習が必要です。練習をすれば誰でも高い声が出るようになります。

でも、やみくもに高い声を出してもうまくはなりません。まずは声の仕組みを理解して、正しい練習をする必要があるんです。

そこで今回は、高い声の出し方の「コツ」をご紹介します!
高い声が出なくて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

ゆきな

みんな最初から高い声が出るわけではありません。練習あるのみ!

目次

【高い声を出す近道】声の通り道を知る

声は声帯から出ています。ですが声の高さによって声の通り道を違って感じることができます。
まずは声の通り道が音の高さによって変わるという感覚を覚えましょう。

試しに、ため息をついてみてください。

今日も疲れたなぁ『はぁ~( ̄д ̄)』

どうでしょうか。なんとなく胸の方から出た感じがしますよね。

次に、温泉に入った時に「あー!気持ち~!」という感覚で「はぁ~」と言ってみましょう。

温泉に入って『はぁ~(≧▽≦)』

どうでしょうか。今度は上から、頭の方から声が出た感じがしませんでしたか?

このように、声は音の高さによって声の通り道が変わっていくんですね。

高い声が出ない人は、この「通り道」を理解せずに、声を前に押し出しているから、のどに力が入ってしまっているんです。

のどに力が入っていると高い音が出なくなってしまいます。まずは声がどこを通っているか感じてみましょう。

ゆきな

声が通る場所がわかってきましたか?

【高い声を出す練習方法】リップトリル

繰り返しになりますが、のどに力が入っていると高い声はでません。ですので、のどに力を入れずに高い声を出す練習が必要になります。

では、どうやって練習するのかというと「リップトリルで音を出す」ことです。

リップトリルは、唇を閉じて息を吐き「プルプルプルプルル・・・」と唇をふるわせながら行う発声トレーニングのことです。

リップトリルは、唇かのどに力が入っていると止まってしまいます。
まずはリップトリルで高い音が出るかチェックしてみましょう。

ただし、コツをつかんだら一瞬でできるようなものではないので、コツコツ練習をしていく必要があります。

リップトリルで高い声が楽に出るか、コツコツ練習してみましょう。
止まってしまったら唇か喉に力が入っている証拠です。

ゆきな

高い声はコツを覚えればすぐ出るようになるものではありません。
地道に練習することで出るようになりますよ!

【高い声の出し方】まとめ

歌で高い声を出すための方法は次の通りです。

  1. 温泉に入った感覚で高い声の通り道を意識
  2. リップトリルでリラックスして声を出す練習
  3. 声の通り道を意識して、頭の方に声が抜けるのを感じながら声を出す

このような手順で練習してみてください!

高い声の出し方については、音声(stand.mf)でも解説しています。

また「1人じゃ練習できないよ」という方は、オンラインレッスン受付中!
スカイプやFaceTimeなどを使って行いますので、スマホがあればOKです。

無料で1時間の体験レッスンができます。

ご興味のある方は下記の問い合わせフォームから気軽にご連絡ください!

    北如来那のアルバムはこちら

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる